記者会見とは

目的

記者会見(記者発表会)とは、サービスや商品の訴求を目的とした企画を立案、記者や編集者、ライターを呼び込み、デモなどを行い商品を紹介をすることをいいます。
記者会見はまた、わずか数枚のプレスリリースだけでは伝えきれず誤解を招いてしまうようなことを避けてくれます。
情報発信者による丁寧かつ正確な情報を伝えることが可能となり、結果的に記者側の理解度が深まることで、好意的な記事を書いてもらえるという実例もあります。
さらに記者側の立場としては、その商品の開発秘話などを聞くことができたり、周辺情報も入手できるというメリットをもたらします。
但し、マスメディアには毎日多くのプレスリリースや記者会見招待の申し込みが届きます。さらに記者の数も限られています。そのため、彼らはニュース価値の高いものを取捨して取材をします。
記者会見の最近の傾向として、実物展示やデモンストレーションが伴うことで演出の面においても分かりやすく工夫されていることも多く、より多くの記者に来場していただくためにも、スタッフ間で知恵を出し合う必要があります。

宣伝効果

記者会見は大企業だけのものではありません。
新しく斬新、そして世間を賑わす製品やサービスであれば、規模の大小は問われません。インターネットが発達した現代では、訴求の方法に関しても、従来の新聞、雑誌、テレビなど旧マスメディア陣営の他にも、インターネットメディアや個人を対象としたブログ、SNSでの拡散を狙ったPR展開まで、私達は多種多様な手段を持ち合わせています。
優先攻略先はマスメディアですが、記者会見というスキームの立案は商品やサービスを訴求させるための様々な副産物をもたらせてくれます。

企業ブランドの向上

モノがあふれている現代では、新製品が出来たからと言ってただ単に商品名を伝えるだけでは、過酷な競争に立ち向かえません。
製品が出来た背景を分かりやすく伝えるなど、宣伝手段のインフラを整備し、世の中に満ち溢れた様々なPR手段を活用することで、問い合わせや売り上げの増加へと導かれる確率は高まっていきます。
中でも記者会見は、これまで培われた伝統的な宣伝手法として引き続き高く評価されており、活用する企業が後を絶ちません。

目の前にあるメディア掲載のチャンスを掴む

かつては宣伝費潤沢な大手企業が独占的に行っていた記者会見も、情報が発達した現代では、規模感にかかわらず全国各地で様々な企業が行うようになりました。
中でも、突出した特徴を持つ製品やサービスは雑誌や地元新聞に取り上げられ、またその情報を聞きつけた地元のテレビ局がそれを取り上げ、そして地方発信の情報が全国ネットで取り上げられることも少なくありません。
特に、地産地消や地元回帰が叫ばれている昨今では、都心であろうと下町であろうと関係なく、どのような企業でもメディア掲載のチャンスが落ちています。