記者会見決定後のフロー

記者会見のスケジュール
    [1]日程決め

    最低4週間以上の準備期間を設けて日程を決定します。準備期間が短い場合、記者会見は失敗する可能性が高くなります。

    [2]会場や規模、内容決め

    日程確定後は、すぐに会場、規模、内容を決めます。会場は記者が集まりやすい場所、人数は40人程度の学校形式の記者会見をおススメします。会場は必ず下見を行いください。
    写真と実際ではイメージが違うことが多数あります。また、合わせて音響設備(マイク、スピーカー、アンプ等)の確認をしておく必要があります。

    [3]シミュレーション

    アプローチをかけるマスコミ記者、そして人数をシミュレーションします。

    [4]アプローチ

    記者発表の日を決める際は細心の注意をお払い下さい。原稿の締め切りなどを考慮し、記者の都合を優先してください。
    記者発表開催時間はお昼の12時前後に行われるケースが多くなっております。

    [5]リハーサル

    当日は必ずリハーサルを行います。一般的な流れを確認します。

    [6]本番

    記者会見本番。ケアレスミスをなくすために徹底サポートいたします。